愛知県小牧市にある尾張本宮山の不思議


愛知県小牧市には尾張本宮山があります。尾張白山、尾張富士と合わせて尾張三山と呼ばれています。先日尾張本宮山についての記事を書きました。

愛知県犬山市の尾張本宮山(おわりほんぐうさん)に大縣神社から登山!

楽しかったので翌週も歩いてその時に気になったことがありました。

こちらがその時のルートになります。大縣神社~恋の宮奥宮~相澤山~八大龍王~尾張信貴山~尾張本宮山になります。気になったのは☆の3か所になります。

こちらが恋の宮。奥宮が相澤山の手前にあります。☆のひとつめです。

こちらが☆のふたつめ。洞穴の中に祠があります。祠に龍の跡があるのかな。

八大龍王と書いてあります。

こちらが☆の3つめ。尾張本宮山の手前にあります。近づいてよく見ると、

山姥○○と書いてあります。写真を撮れませんでしたが、その社の中には「山姥○○姫龍王守護」と書いてありました。姫ていうのは大縣神社の姫の宮のことでしょうか。龍王が山姥から姫を守っているのでしょうか。

下山してから、大縣神社の宮司に「八大龍王とはなんですか」とお伺いしましたが、「なんのことですか」ということでした。若い宮司だったので知らないのか大縣神社の人は知らないのか。どちらでしょうか。「山姥」と「八大龍王」と「恋の宮」どういう関係があるのでしょうか。近くの里山には歴史を感じる場所があるのが珍しくないですよね。うーんと唸りながら帰宅しました。

(関連記事)
愛知県犬山市の尾張本宮山(おわりほんぐうさん)に大縣神社から登山!

 

関連記事