東海地方の登山者に人気の鈴鹿セブンマウンテンを紹介します


鈴鹿山脈は人気ですよね。でも意外と岐阜県の人は行かなかったりするんですよね。それでも東海地方では鈴鹿山脈は人気です。鈴鹿山脈は初心者から上級者まで楽しむことができて、その中でも鈴鹿セブンマウンテンが人気です。山を登り始めてしばらくすると鈴鹿セブンマウンテンを制覇しよう!てなりますよね。東海地方の登山あるあるです。

 

鈴鹿セブンマウンテンとは

三重県の北西部にある鈴鹿山脈の山々から7つの山を選んで、鈴鹿セブンマウンテンと呼びます。鈴鹿山脈の山は20でしょうか30でしょうか。たくさんありますよね。そのからの7つの山です。その7つの山とは、北から、

◎藤原岳
◎竜ヶ岳
◎釈迦ヶ岳
◎御在所岳
◎雨乞岳
◎鎌ヶ岳
◎入道ヶ岳

になります。鈴鹿セブンマウンテンていつから始まってどういう基準で選ばれたんでしょうか。ちょっと私もよくわかりません。国見岳と御池岳が入ってないのが残念です。この二つの山も人気があって人も多いですよね。それではひとつづつ紹介します。

 

藤原岳は初心者にオススメ!雪山としても人気です

最初にポイントを書きます。

◎9合目にトイレがある。
◎9合目から頂上と天狗岩に行くことができる。
◎大貝戸ルート登山口に小屋とトイレがある。
◎雪山の入門としても人気。
◎初心者で行っても迷わなくて楽しむことができる。

以上です。藤原岳は表道、裏道のふたつが一般的です。表道は大貝戸ルート、裏道は聖宝寺ルートになります。大貝戸ルートを往復するのは一番人気でしょうか。登山口に大きな小屋がありトイレもあり駅から近いのもいいですね。

こちらは9合目にあるトイレ。2015年?にできたのかな。とてもきれいなトイレです。頂上や途中にトイレがあるのは女性にとって大事なポイントですよね。

こちらは天狗岩からの眺めになります。9合目からは頂上と天狗岩に行くことができますが、私は天狗岩が好きです。道が少しわかりにくいので注意が必要です。

もっと詳しい山の情報が知りたい方はこちらを参照ください。
ヤマレコによる藤原岳の山行記録はこちらになります。
YAMAPの藤原岳の山行記録はこちらになります。

 

釈迦ヶ岳は庵座の滝、ハト峰、大ガレなど魅力がいっぱい

最初にポイントを書きます。

◎庵座の谷ルートの庵座の滝が素晴らしい。
◎頂上手前の大ガレが少し危ない。
◎庵座の谷か中尾根ルートで登り、猫岳、ハト峰、猫谷で下りる周回ルートが人気。
◎ハト峰が侮れなくてオススメです。
◎登山口の朝明駐車場は大きくてトイレもあります。

以上です。釈迦ヶ岳は、庵座の谷ルートか中尾根ルートから登って、猫岳、ハト峰を周回するのが一般的なルートではないでしょうか。私は紅葉の時期に行くことが多いですが、紅葉はとてもいいです。

こちらは庵座の滝。庵座の谷ルートの途中にあります。最近は頂上まで行かずに滝だけ見て帰るということも時々します。それくらい庵座の滝は素晴らしいです。滝って写真てなかなか伝わらないですよね。

釈迦ヶ岳は周回できるのも魅力のひとつです。上りの庵座の谷ルート、中尾根ルートはしんどいですが、下りの猫岳、ハト峰、猫谷ルートは大変ではありません。気持ちのいい尾根歩きが続きます。

ここが猫岳とハト峰の間くらいです。山の全容が見える景色はいいですよね。釈迦ヶ岳は私が評価が高いですが、あまり人がいない気がします。

もっと詳しい山の情報が知りたい方はこちらを参照ください。
ヤマレコによる釈迦ヶ岳の山行記録はこちらになります。
YAMAPの釈迦ヶ岳の山行記録はこちらになります。

 

御在所岳は奇岩、巨岩のある中道が魅力満載!

最初にポイントを書きます。

◎頂上にレストランとトイレがあります。
◎レストランアゼリアのカレーうどんがうまい!
◎中道ルートが一番人気。
◎下りはロープウエイも使うことができます。
◎おばれ岩、地蔵岩、キレットと魅力満載の中道。
◎大黒岩を意外と知らない人が多いですがオススメです。

以上です。御在所岳は写真にあるようにロープウエイがあります。頂上には観光で来ている人もたくさんいます。登山の途中にロープウエイに手を振ると中の人が手を振りかえしてくれるのも楽しいです。

こちらがおばれ岩。その大きさに驚きます。4合目だったかな。意外と早くにあわられます。

こちらは地蔵岩。遠くから撮影していますが、岩の前まで行くことができます。落ちそうで落ちないから受験する方がくるとも言いますよね。地蔵岩とおばれ岩しか紹介していませんが、たくさん岩はあらわれます。こちらは中道ルートですが、結構しんどいので裏道で登る人もいます。

頂上にあるレストランアゼリアのカレーうどん。豚の角煮がうまい!うどんは伊勢うどんだったかな。頂上が観光地になっているのを嫌う人がいますが、私はトイレもあるし、おいしいものも食べることができるので嬉しいです。

こちらが大黒岩。頂上から一の谷新道に10分ほど行くとあります。意外と知られていません。この岩よりもここから眺める景色が絶景です。御在所岳で一番好きな景色かもしれません。

もっと詳しい山の情報が知りたい方はこちらを参照ください。
ヤマレコによる御在所岳の山行記録はこちらになります。
YAMAPの御在所岳の山行記録はこちらになります。

 

雨乞岳は鈴鹿セブンマウンテンで一番の難関です!

最初にポイントを書きます。

◎武平峠からのルートが一番やさしい。
◎クラ谷を登ったら気持ちのいい尾根歩き!
◎雨乞岳よりも東雨乞岳が眺めがいい。
◎中級以上向けなので注意が必要です。

以上です。雨乞岳は写真にある尾根歩きがとても気持ちがいいです。谷を登って、尾根から頂上に向かうというのは山ではよくありますよね。この写真は東雨乞岳から雨乞岳に向かう道です。

ここが7番。谷を登りきるとここに出ます。ここまでに谷の歩きも雰囲気があっていいです。紅葉がいいんでしょうか。尾根歩きがいいと先述しましたが、私はこの谷がとてもよかったです。道が少しわかりにくいので注意が必要です。

雨乞岳頂上。あまり眺めはよくありません。細かく紹介していませんが、登る前にインターネットなどで聞いていたよりも全然楽しかったです。むしろ楽しい山の部類になるんじゃないでしょうか。道もわかりにくいことはありますが、以前よりはよくなったようです。

もっと詳しい山の情報が知りたい方はこちらを参照ください。
ヤマレコによる雨乞岳の山行記録はこちらになります。
YAMAPの雨乞岳の山行記録はこちらになります。

 

鎌ヶ岳は鎌尾根ルートと武平峠ルートがオススメです!

最初にポイントを書きます。

◎鎌尾根ルートが登山の魅力が満載ですが、中級者向けのルートです。
◎武平峠ルートが初心者向けのルートです。
◎頂上からの眺めと頂上直下の岩場がすごい。
◎鎌尾根ルートで登ったらカズラ谷ルートで下りるのが一般的です。
◎武平峠ルートなら夏もヒルに合わない確率が高い。

以上です。写真は鎌ヶ岳の頂上です。頂上は岩がごつごつしています。昼ごはんはそれぞれ自分がいい場所を見つけてという感じです。鎌ヶ岳の頂上はいかにも頂上という感じがします。

こちらは頂上直下の岩場。結構大変です。巻き道もあるので、自信がなければそちらを歩きましょう。

頂上から見た鎌尾根。鎌尾根と鈴鹿山脈の全容を見ることができてとても気持ちがいいです。

もっと詳しい山の情報が知りたい方はこちらを参照ください。
ヤマレコによる鎌ヶ岳の山行記録はこちらになります。
YAMAPの鎌ヶ岳の山行記録はこちらになります。

 

入道ヶ岳は椿大神社から登る初心者向けの山です!

最初にポイントを書きます。

◎北尾根ルート、井戸谷ルート、二本松尾根ルートの3つがあります。
◎北尾根ルートが椿大神社の本道で、鳥居が登山口にあります。
◎頂上は大きく開いています。
◎頂上に鳥居のある山は珍しい。
◎頂上から奥ノ院にも行くことができます。

以上です。写真は北尾根ルート登山口の鳥居です。

頂上からの眺め。井戸谷と鈴鹿市の街並みです。井戸谷ルートを下りるのは少しわかりにくいと言います。谷を下りるのは一般的に道がわかりにくいことが多いかと思います。

頂上に鳥居があります。少し奥まで行くと奥ノ院もあります。麓に椿大神社がありますので、こちらが本宮になるのでしょうか。標高は900mですが、眺めは絶景です。

こちらは頂上辺り。正面はアケビでしょうか。

もっと詳しい山の情報が知りたい方はこちらを参照ください。
ヤマレコによる入道ヶ岳の山行記録はこちらになります。
YAMAPの入道ヶ岳の山行記録はこちらになります。

 

竜ヶ岳はやめて御池岳を紹介しますが、鈴鹿セブンマウンテンではありません!

最後に竜ヶ岳の紹介になりますが、竜ヶ岳の写真がありませんでした。そこで鈴鹿セブンマウンテンではありませんが、鈴鹿山脈最高峰の御池岳の紹介をします。最初にポイントを書きます。

◎コグルミ谷から登って、御池岳、鈴北岳へ行き、鞍掛峠ルートで下りるのが人気です。
◎野生の動物に会う確率が結構高い。
◎苔がすごい。
◎ボタンブチ、天狗鼻、奥の平など御池岳頂上周辺を散策しましょう。
◎雪山としても人気です。

以上です。写真は御池岳頂上になります。頂上に展望はあまりありません。

こちらは8合目の苔。苔がすごい!!!

こちらがボタンブチ、天狗鼻近く。この辺りはずっと景色がすごいです。

ボタンブチからの眺め。一時期、鈴鹿山脈のベストビューはここだと思っていました。今の一番はよくわかりません。

御池岳から鈴北岳に行く道。すごい。アメリカのロングトレイルのようです。行ったことありませんから想像ですけど。

もっと詳しい山の情報が知りたい方はこちらを参照ください。
ヤマレコによる御池岳の山行記録はこちらになります。
YAMAPの御池岳の山行記録はこちらになります。

 

以上、竜ヶ岳を除く鈴鹿セブンマウンテンを紹介しました。いかがでしたでしょうか。是非制覇してください!

(関連記事)
鈴鹿山脈最高峰の御池岳(おいけだけ)にコグルミ谷から登山に行ってきました!
三重県菰野町の鎌ヶ岳を武平峠ルートで登山!!
三重県菰野町の御在所岳で中道登山道から登山してきました
御在所岳の大黒岩(だいこくいわ)への行き方を詳細に説明します
三重県菰野町の釈迦ヶ岳(中尾根~猫岳~ハト峰)登山!
滋賀県東近江市の雨乞岳(あまごいだけ)に武平峠ルートで登山してきました