【6月3日(水)】穂高涸沢Movie&Talk Session in ウインク愛知


今年もあるようです。前売り800円。穂高・涸沢は山歩きをするなら一度は行ってみたい!以下公式HPより。(写真はイメージです)
*************************************20150529

●開催日;6月3日(水)
●会場;ウィンクあいち 801席
●料金;前売=800円 当日=1000円
●時間;18:00 開場 19:00〜開演 上映 トーク 21:00終了予定

●穂高涸沢Movie&Talk Session とは

日本の屋根といわれる北アルプス。
雄大な自然の織りなす厳しさとその美しさを、2本立ての映像にてご覧いただきます。

さらに、山小屋主人らによる、「安全な登山」「レスキューの実際」「山小屋の裏話(!?)」など、
なかなか普段では聞けない山トークも聞けちゃいます。夏山シーズンを前に、より北アルプスを楽しく、安全に登山していただければとの思いをこめて開催するのが、この「穂高涸沢Movie&Talk Session」です。
登山計画のある方もない方も、山登りってどんなだろう、 今は昔、懐かしのあの風景・・・とお思いの方も、圧倒的な映像で描く穂高涸沢の素晴らしい景色や、山から下界へ下りてきた小屋番たちのマジメゆかいなトークを聞きに、ぜひご来場下さい。

●上映作品
・「涸沢讃歌」ー氷河圏谷の四季ー34分
・「モルゲンロート」12分 「穂高の星空」15分  ー穂高をゆく短編集よりー

●トーク
登山道整備から調理に皿洗い、小屋の維持管理から遭難救助etc. ある時はキリリ・ビシッと小屋番・若女将・カメラマン、ある時は愉快で頼もしい穂高・涸沢の住人。 夏山シーズンを前に、より北アルプスを楽しく安全に、そして⼭での遭難事故を1件でも減らすことができればとの思いをこめて。
進行役は、穂高大好き涸沢ホームの山岳ライター 小林千穂さん。どんな話が飛び出すか、乞うご期待!

涸沢ヒュッテ
山口 孝
涸沢ヒュッテ代表取締役/北アルプス南部地区遭難救助隊長。 中学生から北アルプスの⼭に親しみ、1972年より穂高・涸沢ヒュッテの小屋番になる。併せて⼭岳救助の任にあたるようになる。レスキュー出動回数は通算300回以上。 穂高・涸沢を知り尽くし「穂高は永遠の憧れの山」と言う。「登山道を守のは山ヤの義務」と、社長となった今でも登山道の整備は欠かさない。小学館コミック『岳-ガク-』 の原作中にも、”ヒュッテ山じぃ”のオーナーとして登場する。

穂高岳山荘
今田 恵
穂高岳山荘3代⽬、代表取締役。幼い頃より、父・今田英雄に連れられて穂高に親しむ。 3000mの稜線という厳しい立地条件の中で、⾃然と共存しながら登山者の安全を守る⼭⼩屋として、小屋の経営からハード/ソフト両面にわたり引き継いでいくもの、開拓していくものと、若い感性で奮闘している。 山と溪谷社 DVD『前穂北尾根』『雪の穂高岳』で⾕口けい氏と穂高を紹介。2013年夏、長女を出産。山小屋主人、母として日々奮闘中。 山岳ポータルサイト『ヤマーン』運営の一員。

穂高岳山荘
宮田 八郎
穂高岳⼭荘小屋番。山小屋で暮らし⼭荘業務の傍ら、映像技術とテレビ中継技術を学ぶ。オーナー今⽥英雄の理解と協力のもと、ハイビジョンカメラを⼿にし、映像制作会社「ハチプロダクション」を設⽴。長い歳月をかけて感じた穂高の美しさ/厳しさ、その姿を多くの人に伝えたいと穂⾼をメインフィールドに撮影・制作活動を続けている。現場にいる身として遭難救助にも出動。⼩学館コミック『岳-ガク-』原作中に”宮川 三郎”としてコミカル・シリアスに登場。

https://www.hodaka3190.com/hkmts/
https://nagoya63.peatix.com/