初めて登山をするときに知っておいて欲しいことやマナーやルールなど


友人に「今度山登りに初めて行くんだけどどうしたらいいの?」と聞かれました。持ち物と服装は2013年までお山のフリーペーパーPO!で毎号掲載していたページを載せました。他にルールやマナーなど覚えておいて欲しいことを思いついたまま書こうかなと思います。

◎上り下りですれ違うときは下りが山側で待つ(上り優先)
◎グループとひとりの人がいたらひとりの人を先に行ってもらう(ひとり優先)
◎すれ違うときには挨拶をする
◎トイレは基本的にない
◎ごみは持ち帰る
◎登山道以外の道へ入らない
◎花などを摘まない
◎登りはじめの30分くらいは体が慣れるまでゆっくり歩く
◎適度に休憩を取る
◎登山届を出すのが難しいのであれば、家族や周りの人に計画を話して文章などでも伝えておく
◎9時登山開始、15時下山をざっくりとした目標にする
◎上りは気持ちも緊張しているが、下りはどうしても気が抜けるので、下りのときに転んだり事故が起きやすいので注意する
◎頂上で食べる昼食とは別に休憩中に食べる行動食を持って行く
◎行動食は甘いもの塩のものなど、カロリーの高いもの、ゼリー飲料など
◎頂上に行くことが目的ではなく安全に下山することが目的なので、頂上へ行くことを最優先にしない
◎登山用GPSアプリをダウンロードして使い方をなんとなく理解する
◎水は多めに持っていく
◎歩いているときに石を足で転がして落石したらラックと大声でいう(実際に言っている人はほとんど見たことがない)
◎分岐で道標がなくてどうしたらいいかわかない場合はわからないまま進まない、そのまま下山するくらいのことを考える
◎山岳保険は1日であれば数百円からあります
◎雨具レインウエアは数万円もして高価なのでいきなり買うのは難しいが、何かしらの雨具レインウエアはあった方がいい
◎山はいきなり寒くなったりすることが当たり前のようにある
◎ナビに「山の名前」を入力しても登山口には着かないので、事前に登山口を調べておく、「山の名前 登山口」で検索するなど
◎登山口はわかりにくい山があるので、車で行く時間に余裕を持っておく
◎山によってはコースが複数あるので、自分が登るコースはどれなのかを調べておく
◎トイレットペーパーはあると便利
◎標高で山の難易度は関係ない、標高の低い山でも難しい山はたくさんある
◎慣れてくると意外に気軽に登山に行くことができるようになりますが、慣れるまでは慎重にする、自分を過信しないことも大切
◎登山口にハイキングマップや案内所がある山もあるので、そういう山を選ぶこともオススメ
◎人が多い山を選ぶ(どの山が人が多いかわからないと思いますが…)
◎とりあえず事前にたくさん調べる、インターネットで調べる、観光協会のホームページにハイキングマップがある場合がある、ガイドブックを見る、周りに聞く、など

ざっくりと書きましたが、どうなんでしょうか。