登山用アプリYAMAP(ヤマップ)が地図の印刷ができたりGPS機能も付いていて無料で便利ですごい


登山用アプリのYAMAP(ヤマップ)をご存知ですか。アプリと書きましたが、スマホのアプリとしても使えるし、SNSとしても使うことができます。紙の地図も印刷することができます。地図はルートとコースタイムの付いた地図でとっても便利。中でもYAMAP(ヤマップ)の一番のオススメはやっぱりアプリです。以下使い方を紹介します。

※最初に会員登録をする必要があります。無料です。

 

YAMAP(ヤマップ)をアプリとして、GPSを使った山行記録として使用します


 

山に行くときにスマホでGPSを使った山行記録として使用します。単純にGPSとしても使用できます。これすごい便利です!今すぐインストール!無料ですよ。

65747_21、スマホからYAMAPアプリをダウンロードしてインストールします。(画面はすでにインストール済みの画面になります。)

 

65736_22、YAMAPアプリを起動します。

 

65737_23、画面右の地図のタブを選択し、虫メガネをクリックします。

 

65738_23、登る予定の山名を入力します。同じ山がふたつある場合は目的の山を選択します。ここでは金華山とします。

※大事なポイントですが、山名で検索してもヒットしない場合があります。YAMAPの地図はエリアごとに作られているので、エリア名になっていない山は検索してもヒットしません。ローカルな山の例になりますが、愛知県犬山市にある「尾張本宮山」を検索してもヒットしません。尾張本宮山の近くにある「八曽山」で検索すると「八曽山」の地図がヒットします。その八曽山の地図の中に尾張本宮山もあります。山名でヒットしなかった場合は近くの有名な山名で検索するなどする必要があります。地図は山ごとではなく、エリアごとに作られています。

 

65739_24、地図をクリックします。

 

65740_25、無料地図をクリックし、地図をダウンロードします。

 

65741_26、地図のダウンロードが始まります。画面は37%と出ています。

 

65745_27、ダウンロードが完了すると地図が表示され、右下の赤い人のアイコンをクリックすると記録が始まります。こちらの地図は国土地理院の地図になります。

 

65745_38、記録を終了する場合は、人のアイコンをクリックすると終了ボタンが表示されるので終了します。

 

65746_29、自分の歩いた軌跡が記録されています。(画像は金華山の記録ではありません。) 歩いた軌跡の確認の仕方は省略します。

※地図のダウンロードは電波のある場所でないとダウンロードすることができません。山へ行く前に事前にダウンロードしておく必要があります。地図のダウンロード後、実際に山で使用する際は電波がなくても使用することができます。逆に機内モードにして、電池を節約し手おくやり方もあります。私は毎回機内モードで使用しています。

 

YAMAP(ヤマップ)のアナログの使い方、紙の地図を印刷するのに使用します


 

さきほどのアプリはデジタルの使いかた。次はアナログの使い方を紹介します。紙の地図も持って登りたいですよね。そういうときにもYAMPは便利です。ルートとコースタイムの付いた地図を印刷することができます。

 

9271 1、パソコンからYAMAP(ヤマップ)のサイトにアクセスします。

 

9282_32、これから行く山を検索して地図をダウンロードします。メニューの地図を選択し、「御在所岳」と入力します。

 

9283_23、検索結果が表示されたら、御在所岳をクリックします。(同じ山の名前がある場合は複数表示される場合があります。)

 

09284_24、画面右下の「無料地図を取得」をクリックし、ダウンロードします。※容量がやや重いです。画面左下に記載がありますが御在所岳の地図は19MBになります。地図は国土地理院の地図を使用しています。

 

09285_25、ダウンロードが完了したら、ファイルを開きます。

 

092866、こちらがその地図になります。登山ルートとコースタイムが記載されています。地図を確認したら印刷します。

※そのまま印刷すると範囲が大きすぎる場合が多いです。その場合はパソコンのペイントなどのソフトを使って一部分を切り取って印刷します。私が印刷する場合はほぼ毎回、地図の一部分(自分が歩く予定の範囲)を切り取ってから印刷します。

以上の2つが私のYAMAPの大きな使い方です。すごい便利!会員登録は必要ですが無料!あまりに便利なので感謝の気持ちを込めて有料会員になろうと考えています。

YAMAP 山登り・アウトドアの新定番
https://yamap.co.jp/top

 

(関連記事)
磁北線の付いた25000分の1の地図をインターネットから印刷する方法を紹介します(無料です)
登山用アプリYAMAP(ヤマップ)の対応に感動した話