岐阜県関市の金山・大岩見晴台に大岩不動尊から登山に行ってきました!


岐阜県関市の金山・大岩見晴台に大岩不動尊から登山に行ってきました!金山・大岩見晴台は関南アルプス(各務原アルプス)にあります。関南アルプスは全長20㎞の山地でたくさんの人が歩いています。今回はその一部の金山・大岩見晴台を紹介します。


登山口はこちら。大岩不動尊が登山口になります。ナビは「岐阜 大岩不動」でセットしましょう。関インターから15分くらい。

ルートを紹介します。大岩不動尊のある登山口から大岩見晴台を目指します。分岐から迫間山へ行くことができますが、今回は金山へ向かいます。一般的には迫間山へ行くのが人気です。

金山・大岩見晴台の標高、コースタイムなどのデータ

山名:金山(かなやま)
場所:岐阜県関市
標高:347m
コースタイム:上り90分、下り60分
ルート:大岩不動尊ルート
トイレ:登山口(大岩不動尊のトイレはNG)
駐車場:10台程(無料)(路肩にとめます)
レベル:体力度★☆☆ 技術度★☆☆
(コースタイムやレベルなどは私の感覚になります。ご了承ください。)

大岩不動尊から大岩見晴台を経て金山を目指します

いきなりトイレですが、大岩不動尊の前にある広場にトイレがあります。駐車場はないので、路肩に止めます。

大岩不動尊。

うむ。

水がきれい。

白水龍王と書いてあるのでしょうか。それでは出発です。

最初は整備されたつづら折りの道を登って行きます。

大きな岩。そういえば大岩不動の大岩はどれなんでしょうか。

分岐には道標が。大岩見晴台へ向かいます。

標高は低いですがいつ来てもいいところです。

岩も気持ちがいい。

ぐいぐいっと進んで、

また岩ですね。いい。

そして着きました。

大岩見晴台。ここは関南アルプス(各務原アルプス)でも人気のスポットです。

今日は迫間山へ行かずに金山で向かいます。西です。

最後に少し休憩して、出発。

アップダウンが少しありますが、たいしたことはありません。尾根を進んでいきます。展望はありません。

赤テープもありますね。

ちょっとした岩場も出てきてよかったです。30分もせずに、

金山頂上に着きました。

三角点。

347m。金山。

眺めも悪くありません。向山まで行きたいですが、今日はここまでです。おつかれさまでした。
もっと詳しい山の情報が知りたい方はこちらを参照ください。

ヤマレコによる金山・大岩見晴台の山行記録はこちらになります。
YAMAPによる金山・大岩見晴台の山行記録はこちらになります。